利用料金

写真撮影

浮気調査などを探偵事務所や興信所に依頼した場合、気になるのはその料金です。 日本には数多くの調査会社があり、会社によって料金が違います。 一般的な料金体系は、調査料金、経費、成功報酬で構成されています。 調査料金に含まれるのが、人件費、危険手当、着手金などです。経費に含まれるのは、交通費、宿泊費、燃料費、通信費などです。成功報酬は調査の成果に応じて支払う報酬ですが、成功報酬を取らない会社もあります。 2007年に探偵業法が施行されましたが、調査料金についての規定はなく、料金設定は各事務所や興信所が独自に設定しています。 ただ、料金の相場を知りたい場合、日本調査業協会が発表している資料が参考になります。 日本調査業協会は、調査会社の業界団体の中でも、権威のある団体ですので、資料を見て料金の相場を知っておくと、契約の時などに話が進めやすくなります。

1889年に日本で始めての探偵社が設立されます。 その後、1890年代には岩井三郎探偵事務所や商業興信所である商工社が設立されます。 岩井三郎探偵事務所は、作家の江戸川乱歩が弟子入りしていたほど有名です。 岩井三郎の事務所では、シーメンス事件の調査もしています。 昔の探偵事務所や興信所は、届出は特に必要なく、誰でも開業できたのです。 ですから、中には怪しい会社もあり、騙される人もいて、事件になったこともあります。 そこで、優秀な興信所などが団結して立ち上がり、社団法人日本調査業協会ができます。 そして、2007年には探偵業法が施行されることになります。 このことにより、探偵事務所や興信所のイメージがかなり良くなり、社会的な信頼も高まったのです。